山東企業の発展 日常の悩みが企業の質の高い成長の力に
中国網日本語版 | 2018-09-11 11:38
起業者は最初、知識や資金、プラットフォームがなくて悩むことがある。韓都衣舎が導き、橋渡しをし、融資する。 病院に行く...

起業者は最初、知識や資金、プラットフォームがなくて悩むことがある。韓都衣舎が導き、橋渡しをし、融資する。

病院に行くと、複雑な医療セルフ機器の使い方に戸惑うことがある。神思電子が開発した銀医セルフ・診察室決済設備には音声機能がついており、機械に向かって話すと自動案内してくれる。

写真:9月10日、済南市高新区の鑫盛ビルにある智匯藍海(智匯藍海インターネットブランド孵化基地は済南市政府、済南高新区が支援する中国最大のインターネットファッションブランド運営グループの1つ)で作業するブランドチーム。

このような難題、悩みの解決、サービス提供をきっかけに、2社の企業は業界開拓から業界をつなぎ、「洋服販売」からインターネットブランド生態運営グループへとモデル転換・グレードアップした。これは、悩みは発展の力とイノベーションを引き出し、ハイレベルのサービスは質の高い発展の条件と動機であることを私たちに気づかせた。

写真:9月10日午後、9月6日の昼食について紹介する神思電子の女性社員。同社が開発した顔認証食事システムは市場に導入されている。

神思電子が開発した身分証認証システムは、最初は証明書の真偽を判断するだけで、所持者本人かどうかを判断することはできなかった。この問題の解決をきっかけに顔認証技術を研究し、人工知能(AI)分野に参入し、発展の道を切り開いた。

韓都衣舎は生態権限付与型孵化基地に構築に力を入れ、案内、育成、ブランドマーケティングなどのサービスを通して「一亩地瓜 1ムーの芋」、「不木科技」というよう形式で急成長するインターネット企業を育成した。

済南市政務サービスセンターは工業プロジェクト建設の審査期間を半分に短縮した。審査期間の短縮、サービス効率の向上は質の高い発展につながる。

写真:中国重汽博物館に展示されている各種の自主開発したトラック模型

中国重汽集団は「スマート大型車」という理念を打ち出し、中国重汽地球村電子商務有限公司を設立し、サービスブランドの形成に力を入れている。

企業の本質は消費者と大衆へのサービスである。実践での証明とサービス改善は困難克服、持続的超越につながり、改革加速化、イノベーション推進、掘り下げた研究、優良商品の開発を促し、質の高い発展に圧力と動力を与え、産業の発展を合理化することができる。

大衆網特約コメンテーター劉同江

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年9月11日